The Destination is unknown. The Journey is the Reward.

Author: 野澤真一 / NOZAWA Shinichi , version 2.0110115

Memory of CAK

| | トラックバック(1)

一週間ぐらい、3食外食なので、
食費がかさんでるんじゃないかと気を揉んでいる。
こないだ風邪をひいてから、
家事をやって、バイトに行って、
輪講もやって、ほぼ毎週越谷に帰って、
だと体がついていかないということが
情けないながらわかったので、
食事はだいぶ手を抜いている。

そのかわり、万年床だった布団は毎日上げ下げして、
こまめに掃除機をかけて、
洗濯も溜まりすぎないうちに処理して、
部屋をきれいに保つということを心がけていて
一週間ぐらいはそれが持続している。

***

火曜日、小平にある国立精神神経センターで
ハイパーソニックエフェクト(超音波効果)で有名な
本田先生の研究室と合同のゼミだった。

本田先生といえば、バリであり、バリといえば、ケチャである。

「チャッ!チャッ!チャッ!チャカチャカチャカチャカ、ンッチャチャチャ!・・・」

実は、中学の音楽の時間にクラス全員でケチャをやったことがある。
音楽の先生が松本千恵子先生といって、
芸能山城組の方だったのである。

松本先生、元気かな、とか、
「シルルル、プッ、プッ、プッ、シルルル、プッ、プッ、プッ」の役を
友達のKくんがやったなあとか、
当時のことに思いを馳せてみた。

http://www.yamashirogumi.gr.jp/event/event.html

7月の終わりに芸能山城組のケチャまつりがあるので、
今年は行こうかしら。
いや、行きたい。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Memory of CAK

芸能山城組が毎年行うケチャのお祭りがあるという情報を受けて、 ゼミがひけたあとに... 続きを読む

プロフィール

フェムトセカンド1.0

月別アーカイブ

全アーカイブ

ブログパーツ



Powered by NINJA TOOLS